白髪染め トリートメント

【年代別】白髪染めトリートメントの注意点ガイド

カラートリートメントタイプの白髪染めについて、使用する際の注意点を年代別に解説しています。30、40、50、60代の女性必見です。

白髪で悩む30代の女性こそつかうべき白髪染めトリートメント

白髪に困惑する女性

女性も30代になると、白髪が目立ち始めてくる年頃です。しかし、まだ若い世代なので、白髪を指摘されるのはもちろんのこと、白髪で人前に出るのは億劫なものです。 しかも、白髪はオシャレ染めでは中々染まらないどころか、逆に目立ってしまう事態になってしまいます。では、どのようにして白髪が目立たないようにしたらよいのでしょうか。

1つの方法として、白髪染めを行うという方法があります。「まだ若いのに白髪染めなんて」と白髪染めはもっと年齢を重ねた人のものだ、 というイメージで敬遠する方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪は白髪染めでないと染まりません。したがって、専用の染毛剤で染めるのが一番手っ取り早い方法となります。

しかし、染毛剤にはアレルギー反応を起こしてしまうパラフェニレンジアミンなどが含まれています。 これは月日を重ねるごとに皮膚を通して体内に蓄積されることが分かっており、 30代の今、アレルギー反応が起こらなかったとしても、数十年後に引き起こされてしまう可能性があります。 30代から毎月カラーリングを行うとすると、10年で120回も染めることになります。 そう考えると、いくら30代で白髪が目立つのが嫌だからといっても、これから先長年に渡ってカラーリングをし続けるのはおすすめできる方法とはいえません。

そこで、30代の女性にこそおすすめしたい白髪を目立たなくさせる方法として、白髪染めトリートメントを使うということです。 これは、トリートメントだけど白髪を染めてくれるものなのですが、染毛剤に入っているような体に影響を与える成分はほとんど含まれていません。

使い方は簡単で、使用する商品にもよりますが、毎日のシャンプーする前か後に、白髪の気になるところに塗布し、全体を揉みこむだけです。 所定の時間待ち、洗い流せば白髪を染めることができているというものです。1回で綺麗に染めることはできませんが、毎日染めることで白髪が目立たなくなっていきます。

40代から始める白髪染めトリートメント

女性の白髪が生えてくる目安として、40代に入ったらというものが大体の認識ではないでしょうか。 40代の女性で、白髪が1本も生えていないなんて方は珍しいです。ではなぜ、40歳を迎えると、白髪が増えてしまうのでしょうか。 その原因には、5つのことがあげられます。1つ目は、年齢を重ねたことです。2つ目は、遺伝的なものです。 3つ目は、ストレスを感じていることです。4つ目は、生活習慣の乱れによるものです。5つ目は、病気にかかってしまっていることです。 この5つの原因のうち、大半は年齢を重ねたことを理由とするものです。 また、女性は40歳をすぎると、更年期を迎える人が出てくるので、ホルモンバランスが乱れて白髪が増えていきます。

40代になると白髪が生えるのがいくら普通だとしても、白髪が目立つのと目立たないのとでは、見た目年齢が老けて見られるかそうでないのか、印象が随分変わります。 しかし白髪が増えることを防ぐには、わかめや黒ゴマを積極的に摂取してすることができますが、完全に白髪をなくすことはできません。

白髪を目立たなくさせるためには、できるだけ染めて若々しさを保つことになります。 白髪染めを使って、定期的に染めているという方もいらっしゃるでしょうが、毎回美容院に行くのもお金がかかりますし、自分で染めるのも綺麗に染めることができてない、 なんて場合があります。

そこで、簡単に白髪を目立たなくさせる方法として、白髪染めトリートメントを使うという方法があります。 トリートメントタイプが出たばかりの頃は、カラーが少なくて「手を出すのはちょっと」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、 現在は豊富なカラーが取り揃えられており、様々なところから販売されているので、一番自分に合った白髪染めトリートメントを使うことができます。 毎日の入浴時に、トリートメントをする要領で白髪を染めることができるので、自分で髪を染めるのが苦手という方でも簡単に染めることができます。

50代の女性が誰にも気づかれずに白髪染めを行う方法

女性が50代を迎えると、白髪は当たり前に付き合っている体の変化ではないでしょうか。 周りの50歳を迎えている女性も、白髪であることが当たり前なので、あえて染めずに白髪とオシャレに付き合っているという方もいらっしゃることでしょう。 しかし、できれば白髪を目立たなくして「50代だったのですか。お若いですね。」と声をかけてもらいたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。 50代で白髪染めをしていると、圧倒的に若く見られることが多いのです。

ところが、50代ですでに白髪とうまく付き合っている場合、「今さら白髪染めなんて」と思ったり、 あらぬ誤解を受けることが心配だったりして、中々白髪染めをすることに踏み切ることができません。 また、白髪を染めるだけでその人のイメージも一変してしまうので、自分だと気づいてもらえるのか不安になってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、白髪染めのトリートメントタイプです。これは一体なんなのかというと、トリートメントをしながら白髪を染めることができるという優れものです。 どの商品を使うかによって、シャンプーの前に塗布するのか、シャンプーの後に塗布するのかは違いますが、入浴の際にこれを使うことで、白髪を染めることができます。

しかも、トリートメントタイプの良いところは、毎日少しずつしか染まらないというところです。 染毛剤のように1回で一気に染まってしまうわけではないので、イメージを損なうことがありません。 白髪が少しずつ日にちをかけて染まっていくので、周りからは白髪染めをしているというイメージをもたれることなく、 ごく自然に白髪から色のある髪に変化させていくことができます。したがって、「今さら」なんて思われる隙もなく、あらぬ誤解も受けることなく、 自分の望む髪の色を手に入れることができます。ただし、トリートメントタイプは、使用の日数を開けてしまうとせっかく染まっても元に戻ってしまうので、 できるだけ毎日使うようにしましょう。

60代の女性でも簡単に白髪染めをすることのできるトリートメント

60代の女性で、白髪がないという方は皆無に等しいのではないでしょうか。 60年以上年を重ねてくると、色素細胞にメラニンをつくる力が衰えてしまい、黒髪だったものがほとんど白髪になってしまうのが通常です。 60代にもなると、綺麗な白髪でむしろオシャレにすら見える方もたくさんいらっしゃいます。 しかし、人によっては「いつまでも若く見える自分でいたい」と考えている方もいらっしゃいますし、 「できれば黒髪でいたいけれど、これまで白髪染めをしてきてもう面倒になってしまった」という方もいらっしゃいます。

そこで、毎日ほんの10分の時間をかけるだけで、手軽に白髪を目立たなくさせる方法があります。 それは、白髪染めのトリートメントタイプを使うという方法です。「一般的な白髪染めと何が違うの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、 トリートメントタイプの白髪染めというのは、毎日の洗髪のときにトリートメントの代わりに塗布するだけで、白髪を染めることができるというものです。 さらに、トリートメントの効果も発揮してくれるので、それを使ったからといって髪の毛がパサつくこともなく、むしろツヤがでる成分が含まれているものが多いです。 そして、60代の女性が使っても安心して使うことができるように、頭皮に優しいものも販売されています。

使い方としては、まず髪の毛を通常通りにシャンプーで洗います。シャンプーの泡は、しっかりすすぎ落とします。 綺麗に洗い流すことができたら、タオルドライを軽く行います。 それから、ビニール袋をはめて、適量をその上にとり、白髪が気になるところを中心に塗布していきます。 全体的に塗布することができたら、軽く揉みこみます。そして、シャワーキャップをかぶって、大体5分から10分時間をおきます。 時間が経ったら、水に色が出ないくらいまで、しっかりすすぎ落とします。

1回の使用だけで、劇的に白髪が染まるということはありませんが、毎日使用することで少しずつ染まっていきます。 そのため、イメージチェンジは苦手だけど、白髪を染めたいという方には非常におすすめのものです。

TOPへ戻る